大堰川(おおいがわ)ダウンリバー

保津川は良く知られた人気のルートですが、そのまた少し上流の大堰川に行ってきました。亀岡盆地を流れる河です。

距離;約8.5キロ
所要時間;私は入水場所を探すのでだいぶ手こずりましたが、川に入ってから出るまでは約3時間です。

JRで亀岡駅から八木駅まで電車移動。本当はもっと上流から降りてきたい気分ですが、更に上流は堰堤がところどころにあるので川下りは困難。

問題は入水場所!私は場所が見つからず一時間?ほど割いたり苦労しました。私はJR八木駅から川の西側を南下しましたが、川べりに出る場所がなく、川から離れないように探しながら歩き、最終的には背丈ほどある草薮をかき分け無理やり辿り着きました。次回は八木駅から大堰橋を渡った向こう側に川岸に繋がる道がないか確認してみようと思います。

堰堤の西側から撮った写真、遠くに見えるのは大堰橋
苦労してやっと見つけた入水場所

全体的に川底が見えるくらい浅いのですごく安全ではあります。保津川に近づくにつれて深さが増してきます。ところどころにある瀬も浅すぎて船底を擦るので、パックラフトを持ち上げて深いところまで移動という感じです。

道中の景色
月読橋が見えてきました。

川は広くてゆったり、川の両側には竹林や畑が見えたり、遠くの建造物が見えたり、堤防を走っている車や自転車が見えたり。あまり特別感のある景色は楽しめませんが、初心者やお子様連れにはお勧めです。

水はこんな感じできれいです。少しどぶ臭いにおいはしました。水質は木津川と同じくらいだと思います。

この場所は曲がった瀬が何重にもなっていて一番いい景色でした。ただここも浅すぎて底をゴリゴリ擦りながらの前進。やっと流れに乗って思った瞬間、画像右側の竹藪に突っ込んでしまいました。まるで竹のトンネル。流れに乗ったところだったのでなかなか止まらず、竹藪にひっかかってやっと止まりました。前方をよく見て進まないとですね!

これがその場所。

コメントを残す