MRSパックラフトの専門店、KAZE STOREへようこそ!

ひとまずパックラフトの説明から。そもそもパックラフトって何?

[パック=パッキングできる] [ラフト=船]
空気で膨らましてボートになり、使い終わったらコンパクトに畳んで軽々持ち運んだり小さく収納ができます。

トレッキングでしかアクセスできないような僻地の水辺にもボートを持ち込むのが可能
カヤックボートは大きいので車で運ぶ必要があるが、パックラフトなら身軽に電車で行ける
場所は取らないのでとりあえずパックラフトとオールを車に乗せてお出かけ、きれいな湖があったらパドリングも楽しめる
押入れに入るというサイズ感、収納に困らない

でも似たようなボート他にもあったような…?

他のボートとの違い

ゴムボートとは何が違うの?

海水浴で使う薄いボートは脆いので川遊びには向いていません。高性能な幅広で頑丈なゴムボートは安定性に優れていて釣りに向いています。パックラフトはよりコンパクトで水抵抗を抑える設計になっているのでパドリングを楽しむのに向いています。ごつごつした岩に擦れても壊れないよう頑丈に作られています。

ラフティングと同じ?

ラフティングは大きいボートに大人数で乗りこみ、主にスリリングな急流下りを楽しみます。パックラフトも同じように急流下りを楽しみますが、一人ずつ自分のボートに乗ります。急流下り以外にも、緩やかな川をゆっくりダウンリバーしたり、湖沼で水に浮いて景色を楽しんだり、釣りを楽しんだりいう方法もあります。

インフレ―タブルカヤックのこと?

いずれもホワイトウォーターを楽しむボートという点では同じですが、大きな違いは軽さ。パックラフトは持ち運びの便利さが重要視された設計なので約3kgと超軽量(インフレータブルカヤックは12-20kg)。また非常にコンパクトに折り畳める事や、浮力が抜群で安定性があり初心者でも遊び易い事が特徴です。

MRSってどういうメーカー?

パックラフトメーカーは沢山あってどれにすればいいのか決め辛いですよね。KAZE STORE はMRS商品の専門店。「こんないい商品、どうしてもみなさんに紹介したい!」そういう思いで開店したお店です。

MRS(Micro Rafting System)のパックラフトは2012年の創立以来急速な発展を遂げ、世界各国で名の知れたメーカーへと発展し、一流メーカーと比べても負けず劣らずの高品質を誇っています。得にドイツや北欧では知名度が高く、その洗練された商品ラインナップから一目置かれるメーカーとなっています。

またパックラフトは高い買い物ではありますが、本場アメリカの定番ブランドよりは比較的お手頃な価格で提供させて頂いております。

ではそんなMRS商品をお勧めする理由を紹介します。

世界も認める高品質

高い技術と品質は世界に認められています

こちらの一覧表(PDF)はドイツAnfibio社が2020年1月にメーカ4社の商品分析をしてまとめたものです。表の中間辺りにある「Robustness頑強性・耐久性」「Workmanship技量・技術力」にご注目頂ければわかりますが、各メーカーと比較しても非常に高い評価を得ていることが分かります。

競技用に使われ優勝を勝ち取ったモデルがあります

スウェーデンの「Hamilton Adventure Team」が「ノルディックアドベンチャーレース」で2019年に優勝した際に使ったのはMRSのタンデムモデルパックラフト“バラクーダプロ版”。17kmのフィヨルドパドリングで競合チームを追い越し、「世界最速のパックラフト」との称号を頂きました。

取扱販売店は世界中にあります

ドイツ Anfibio Packrafting Store
ベルギー PUFFINS
フィンランド Melomo
ノルウェー Packraft Norge
スウェーデン PACKRAFT SVERIGE
スペイン Packrafting Spain
イギリス Paqualife Ltd
チェコ KajakarSHOP
オーストラリア PacKraft
ニュージーランド FURTHERFASTER
カナダ CAMPINGHIKING…
アメリカ Microrafting
チリ Packraft
シンガポール QPO Pactraft

創立者もパックラフター

舞台は中国西南部に位置する四川省。北西にはチベット人たちが居住する急峻な山岳地帯、そこから発し南東に広がる盆地へと流れる岷江、沱江、バイ(倍のにんべん→さんずい)江、嘉陵江などの河川。そんな四川省は豊かな大自然に囲まれアウトドア愛好家が集まる聖地として知られています。MRS創立者、王岱(Wang Dai)も休暇の度に大自然に身をゆだねるアウトドア愛好家の一人であり、2007年からパックラフトに魅了され始めました。

当時パックラフトも現在のような多くの選択肢がなかった時代、国外から取り寄せたカヤックやパックラフトを使いましたが、より自分の理想に近いものを追い求めるようになりました。試作品を作っては検証、集めたデータをもとに改造を重ねる日々は長いこと続きました。そして今は最先端技術を追い求めるデザインチームを持つ会社にまで発展しました。創立者のよりよい製品を求める情熱は変わることがなく、商品の改良は今でもそして今後もずっと続いています。

KAZE STOREについて

商品に対するご質問、ご購入後のサポート、パックラフトを現物を見てみたいなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

運営会社:株式会社素居
メールアドレス:info@pack-raft.info
電話番号:075-205-5201
住所:〒605-0873 京都市東山区下馬町509-2

ラインでもどうぞ
うちの庭は4月末にこんな色合いになります